路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

音が鳴る

昨日は長野の山に行き踊り疲れて
ひさびさにぐっすり寝て、朝起きた。


山はやはり良い。
ちいさい頃だけども、山育ちなので
田舎のにおいや空気にせつなく懐かしい気持ちになる。


でもわたしはやっぱり街がすきだなー。


さびれた商店街や、古い建物。
ゆるい喫茶店や、坂道、町にあるちいさな神社。
路地のあやしい店、すてきなバー、よくわからないオブジェ。
いろんなひとのいる風景。


なんてことないそこらへんを散歩するのがたのしい。

昔NHKでやってた、お兄さんが街を探検する番組とか
すきだったなあ。


最近はおしゃれなカフェとか、個人のすてきなお店が増えて
そういうところはたまにしか行かなかったのだけれども
じぶんもお店をやっているので、いろいろ刺激になりわくわく
行くのがたのしくなった。


でも、やっぱり大須がすきだ。

古着に、変な店、神社もたくさん。
縁日に骨董市。毎月おもしろいお祭り。
若い人、老人、外国人。
おしゃれなひと、あやしいひと、ふつうなひと。


ごちゃごちゃすぎて
たのしい。

ひとはそれぞれそれでよい。


昨日の野外ステージは広くて
刺激的な音が鳴り響く。時間も30分くらい踊ったので
今日はからだがすこし筋肉痛だったのでのんびり仕事した。


ムーニャのレジも今日も良い音が鳴る。

広告を非表示にする