路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

願いはゾウに

梅雨時期ですが土日は晴れましたので
けっこう賑わいましてよかったです。

昨日はふみちゃんが店番で、古い雑貨がいろいろ売れていて
ランタンとか、缶とか、本とか旅立ってゆきました。


昭和18年製の日本陸軍未使用品のズボンも売れて
劇団の裏方さんとやらが買っていってくれたらしく
ナイスセンスです。すてきに履いていそうだ。


気づけば、すてきなマニアックなお客さんも増えて
開店時にはたくさんあった昭和こけしやらも
ずいぶん売れてしまった。うれしいことだ。

けども、古いものなので、仕入れも出会いであり
なかなかすぐに補充することができず、さみしい。


今日はいつものように常連さんがたくさん来てくれたりしつつ
ムーニャはじめてみつけたというひともけっこう多くて
クラシカルな男の子や、ゆるめのヒッピーのような兄さん
いろいろすてきなひとが、ちょうど気に入った服がありまして
それはうれしたのしかったです。よく似合っとった。


接客やら作業やら
喋って動いたので、くたくたになったけども
充実です。


今週は月、水と仕入れに行くので
がんばりどき。休みない。


はりきって休みなく仕事の予定いれたけども
いかんせん休みなく働ける根性がないのであり
うまくやれるかなどうなるかな無理かな


わからん。


休みないといっても日曜にわたし休みなのだが
そこまでふんばれずに金曜が休みになりそうな気配もありつつ
しかしながらそんなことはないようにしたいなあなどと
ごちゃごちゃ今週はハードデイズにがんばるのです。



寝ている間にこっそり動物たちがすてきなる服を
えんやこらさっさと、ムーニャに運んでくれんかなあ。



何も恩返しされることしとらんでだめか。



とりあえずえんやこらさっさとひとりで探してきます。


すてきな服たちムーニャにきますように



広告を非表示にする