路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

思い出


70s日本のニットシャツと
70sヨーロッパのコットンシャツ。


渋い柄や幾何学柄の日本のニットシャツは
メンズがタイトに着てもすてきです。


昔住んでいたビルの向かいにはヨーロッパ
という床屋さんがありました。


なのでベランダからみる景色はいつもヨーロッパでした。
ヨーロッパの2階にはへんなおじさんが住んでいていつも
窓から外を眺めており、時々目があうのがいやでした。

ヨーロッパの思い出。

広告を非表示にする