路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

学ラン

じりじりと太陽に照らされてアスファルトのうえを歩く。
先週来たときは干からびた用水路にチビガエルが数匹
跳ねていたけどこのところの暑さで干物になってるんじゃ
とおもった。姿はなかったが無事田んぼに入ったかな。
暑さで猫のみいちゃん一家も姿をみせんしつまらない。


電車を乗り継いで毎週来ている仕入先はおしゃれな格好で
しなやかに買い付けをしているわけではなく(ちがう仕入れ先では
そんなような時もあるが)とにかくうごきやすい格好で労働する。
何tとあるあらゆる衣類の中から汗とホコリにまみれてひたすら
探すというかんじで、冬さむいけど夏のほうがやっぱり大変だ。


今日は知り合いのバンドの人が衣装で使う学ランを頼まれていた
ので、学ランさがしにも気合が入ったけどこんなときに限って
みつからず。無念。学ランふつうに買ったら高そうだもんな。
古着だったらよかったのに。大須に学ラン安く売ってる店あった
けどつぶれてしまったし、もう東京の高円寺にあるアニマル洋子
ぐらいしか思い当たらん。アニマル洋子は高円寺でいちばんすきな
お店です。古本屋なのですがへんなものとかめちゃ安い古着とか
ごちゃまぜであやしくてとてもすき。古い雑誌やカルト本漫画小説
クウネルとかもあるよ。それらにまじって学ランとセーラー服←
どっかの学校のです。もあるのです。ネグリジェもある。
ネグリジェおじさんがここに来たらいいだろうなあ。ネグリジェおじ
さんはネグリジェを買いにくるおじさんのことで、大須に何名か居る

のですが自分で着るのか誰かに着てもらうのか一体なんのために買っ
てゆくのか謎。なんとなく聞かない。たぶん着るんだとおもっている。
趣味かな?自由だ。でも最近ムーニャではなかなかネグリジェ

おじさん好みのがみつからなくなってしまったのでせっかく
みに来てくれるのでたまには期待にこたえたい。

アニマル洋子にはそんなおじさんたちを満足させられそうな
ネグリジェたくさんあった。ここに来たらあるのにな〜
東京じゃ遠いか。

広告を非表示にする