路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

夢のらっぱー

無気力。1日と半日を夢の中ですごした。いっぱいみたが
ぜんぶ忘れた。このままではだめだとおもって暗闇の中行った

ドコモショップとサノヤはまぶしかった。
台所の赤い椅子にのってラスク食ってヤウク死んだと知った。


10年前、まだ写真科の学生だったその頃
わたしはラッパーに憧れていた。ビースティボーイズがすきだった。
頭の中は韻をふみ、アドロックに恋をしていた。

その後愛知県体育館にライブにやってきたので、ひとり自転車こいで
観にいった。
今おもえばラッパーにならんくてよかったしなんでなりたかったのか

わからんが、今みてもかっこいいなとおもうのは変わらんので
死んじゃってやはりさみしい気分。
昼みた夢で、目がさめたら日付が2022年になっとって
すごい焦った。その瞬間おもったことは会いたいひとにあと何回
会えるのか。と あのワンピースもう着れんってことだった。
会いたいひとにもっとふれて、きゃわいいワンピ着とかないかんと
なんか切実におもった。なんのこっちゃー。無気力は去った。

広告を非表示にする