路地裏のmuunya

ろじうらのムーニャ

うもれてねむる

5月のことですが仕入でチェコとドイツ行った時の写真すこし
あるので なぞのタイミングだけどものせるとします。



チェコではほとんど古本屋さんをめぐり
本は重くて大変なのでげきせんし古いパンフや紙ものは軽いのでよく
よいのがみつかったり、気に入る絵本もすこしみつけれた

カレル城近くにあるかっこいい古本屋さん
店主の気品漂うおじさんもすてきであった
よい本たくさんだけども、値段がちゃんとしてるので
こういうところではみるだけたのしむ


ユダヤ人墓地


BAZER は がらくた屋 みつけ次第突入
小奇麗なとこより怪しいところのがおもしろいものがある

晴れた暑かった ベルリン蚤の市
こうゆうのがいい、埋もれとるのをみつけだすのだ




こういう演奏が道や電車の中でふつうにあるでよい
すてきなアコーディオン ほしい 


移動多かったので3回ホテルを変わったが
最後に泊まったホテルが古い建物のホテルでかわいかった



部屋で買った雑貨たちを並べたらかわいくてうれしかった
ひとり小躍りしたけど、足が痛かったのですぐやめた
売りたくなくなったけども売らねばやっていけんので売るが
雑貨すきなひとたくさん来たらよいなー

またいこう
ではでは

広告を非表示にする